「○○.jp」「○○.com」等のドメイン名は商標登録した方がいいでしょうか?

「○○.jp」「○○.com」等のドメイン名は商標登録した方がいいでしょうか?


「○○.com」や「○○.jp」などのドメイン名は、商標法における登録の条件を満たした場合には商標登録ができます。

そこで、「○○」で商標登録するのか、「○○.com」や「○○.jp」で商標登録するのかどちらがよいのかという問題が発生します。

双方で登録できれば一番いいのですが、費用の問題もあるので、どちらか一方でという場合には、「○○」で登録しておいた方がいいです。

「○○」で登録しておいた場合には、同一の指定商品等に関して、他人の使用に対する禁止権が発生します。

また、「○○.com」や「○○.jp」のような類似商標についても、同一の指定商品等に関して、他人の使用に対する禁止権が発生します。

ですので、「○○」で商標登録すれば、「○○.com」や「○○.jp」のようなドメイン名も類似商標に対する禁止権の発生により保護されるので、「○○」で登録しておいた方がいいということになります。

逆でもよいとも思われますが、「○○」を主な商標として商標登録する方が、商標権としてはより広い領域を保護することが可能となります。

なお、「○○」の登録を受けたからといって、「○○.com」や「○○.jp」が必ず禁止権の範囲に入るとは限りません。ベストは両方登録することです。

※このページが参考になったと思ったら共有してください。

サブコンテンツ

商標登録ファームのサービス提供エリア

※商標登録ファームでは、海外や日本全国の中小企業、団体、個人のお客様の特許庁への商標登録、出願の申請代行をしております。お気軽にご相談ください。

海外、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

このページの先頭へ