「艦これ」のDMMが、「お城これくしょん」「城これ」を商標登録出願

2013年12月、ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」を運営するDMMグループのDMM.comラボ(東京都渋谷区)が、「お城これくしょん」「城これ」の商標登録を出願していたことが明らかになった。出願内容には、「指定商品又は指定役務」として、「オンラインによるゲームの提供」も含まれており、話題を呼んでいる。
(参照:「candy」を商標登録。パズルアプリ「キャンディークラッシュ」の英King社)

DMM.comラボは、DMM.com(東京都渋谷区)のグループ会社。システムの開発・運営やネットワークインフラの提供など、同グループのバックオフィス業務を中心としている。

DMM.comは、角川ゲームスの開発したブラウザゲーム「艦隊これくしょん~艦これ~」を提供する企業。

「艦これ」は、太平洋戦争における日本海軍の艦艇を萌えキャラに擬人化し、この「艦娘(かんむす)」キャラクターカードを集めながら、戦闘で勝利を目指すという趣向で人気を博している。

今回、同社が商標登録出願中の「お城これくしょん」「城これ」についても、その「指定商品又は指定役務」に、「おもちゃ、人形」などのほか、オンラインゲームや電子出版物も含まれている。このため、「艦これ」同様に「城これ」も、オンラインゲームなどとしての展開を目指すものではないかと、はやくも巷間では取り沙汰されているようだ。

どんなゲーム?になるのでしょうか。お城好きとしては興味があります。

子供が生まれる前は、夫婦で城巡りツアーなんて勝手にやったこともあります。

結局大した量は回れないのですが、姫路城、大阪城、彦根城、犬山城、岐阜城、名古屋城などを一気に回りました。岐阜城は下から歩いて登りました。

話が脱線しまくるのでこの辺で。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。

サブコンテンツ
商標登録のお問い合わせはこちら

商標登録ファームのサービス提供エリア

※商標登録ファームでは、海外や日本全国の中小企業、団体、個人のお客様の特許庁への商標登録、出願の申請代行をしております。お気軽にご相談ください。

海外、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

このページの先頭へ