公開商標公報(公開公報)とは、特許庁に商標登録出願をするとその出願情報が掲載されるものです。特許電子図書館IPDLから商標広報DBで検索することが可能になっています。公開商標公報に掲載されるとはいっても、その商標は出願されただけで登録はされていません。出願されると、その商標や出願日、出願番号、指定商品または指定役務などが公開されるのです。 なにかの商標を出願したいと思った人は、この公開商標公報を調べて、それ以前に同じ、または類似の商標が出願されたり登録されたりしていないかを事前にチェックすることができるのです。 商標登録出願から登録までに時間がかかるため、公開商標公報で商標登録出願が公開されたあとに同じ商標が他人によって使用されて損害を被る可能性もあります。それを防ぐ狙いで出願人には金銭的請求権が認められています。出願した商標が晴れて登録されたあかつきには、金銭的請求権の行使をすることができます。