サービスマークとは一定のサービスを表わす商標のことです。商標とは商品名やサービスを表すための文字や名称、図形、記号などですが、商品名を表わすのを商品商標といい、サービスを表わす商標を役務商標といい、区別しています。 サービスマークは登録することで商標法によって保護してもらうことができます。数ある航空会社の中で、この会社の飛行サービスなら安心して利用できるといった仕方でサービスマークは活用されています。サービスマークを商標登録出願して登録されるなら、他社はそのサービスマークを真似して利用することができなくなります。これまで長年の努力で築き上げてきたサービスへの信頼を守ることができるのです。 以前はサービスマークは商標法によって保護されておらず、商品名だけが登録できる商標だったのです。平成4年にあった商標法改正によってサービスマークも商標として登録することができるようになり、保護の対象となったのです。 SMという記号が付されたサービスマークは、アメリカ特許商標庁がこれはサービスマークだと主張したい場合に付けることができるといっているもので、日本でも特に法律的な意味はありません。日本の商標法でサービスマークを登録した場合にはRマークを表記することで、登録済みで保護されているサービスマークだと知らせることができます。