商標とは、商品名やサービスを表すための文字や名称、図形、記号などをいいます。この商標を登録すると、その商標を独占的に使用する権利が与えられます。他の会社が商品名やサービス名を真似をして消費者の混乱を招くといった事態を防ぎ、あの会社の製品なら信頼できると品質を保証する役割を果たします。また、これまで築き上げてきたブランド力によって一定の売り上げを維持することもでき、商標権者の利益を守ります。 登録されている商標は、同じような商品やサービスにおいては使用することができません。たとえ微妙に違っている商標であっても、まぎらわしいと判断されれば商標権で守られて使用できないのです。 商標権の存続期間は10年間と定められてはいますが何度でも更新できますので、一度商標権を取得できれば半永久的に権利を行使することができます。他人が無断で登録された商標を使用していれば、商標権の侵害ということで差止や損害賠償を請求することができます。