専用使用権

専用使用権とは商標登録の権利を持つ商標権者以外の会社や人にその商標を独占的に使用できる権利を認めることをいいます。専用使用権を設定した場合、専用使用権を設定した範囲内では商標権者も商標を使用することはできません。

ある商品名やサービス名を自社ブランドとしてマーケットに浸透させたい場合は、他社に同じブランドを使用されてしまうのは困るでしょう。自社が築き上げた信頼を他者に利用されたり、他社の未熟さや不良品で自社イメージが損なわれかねないからです。専用使用権を設定することでそういった問題を防ぐことができるのです。

専用使用権に関しては特許庁に登録することで効力を発します。登録していない状態では、独占的通常実施権の状態となります。つまり、独占的に商標を使用できますが他人を排除することはできない状態です。

※このページが参考になったと思ったら共有してください。

サブコンテンツ
商標登録のお問い合わせはこちら

商標登録ファームのサービス提供エリア

※商標登録ファームでは、海外や日本全国の中小企業、団体、個人のお客様の特許庁への商標登録、出願の申請代行をしております。お気軽にご相談ください。

海外、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

このページの先頭へ