商標の消尽

消尽とは、商標権がどこまで及ぶかを示した知的財産全般に及ぶ原則です。ある商標を登録すれば、その商標を使用して製造・販売ができるのはその商標権者か、商標権者が商標使用権を許諾した者だけになります。ただしその権利は一度行使すれば消滅する、というのが消尽という概念です。

商標権者によって正当に製造され販売された商品を購入した人は、それを許可なく転売・再販できることになります。

海外で製造・販売されたものを輸入した場合など2国間での取引が関係しているケースのことを、国際消尽と呼んでいます。外国で商標権者が正当に製造・販売したものを輸入したときに、日本国内においてはその商標権は消尽しているのかどうかが議論の的となっています。海外ではあっても商標権者が正当に販売した時点で商標は消尽しているという考え方と、知的財産は国によって独立して登録されているのだから日本国内ではあらためて商標権が行使できるという考え方があります。

※このページが参考になったと思ったら共有してください。

サブコンテンツ
商標登録のお問い合わせはこちら

商標登録ファームのサービス提供エリア

※商標登録ファームでは、海外や日本全国の中小企業、団体、個人のお客様の特許庁への商標登録、出願の申請代行をしております。お気軽にご相談ください。

海外、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

このページの先頭へ