CTM出願における使用言語

CTM出願の際は、第1言語と第2言語を選択する必要があります。
第1言語は出願する際に使用する言語でEUの公用語から
第2言語は異議の申し立てなどの手続き時に使用する言語で、OHIMの公用語から選択します。

EUの公用語

イタリア語
英語
エストニア語
オランダ語
ギリシャ語
スウェーデン語
スペイン語
スロバキア語
スロベニア語
チェコ語
デンマーク語
ドイツ語
ハンガリー語
フィンランド語
フランス語
ブルガリア語
ポーランド語
ポルトガル語
マルタ語
ラトビア語
リトアニア語
ルーマニア語

OHIMの公用語

イタリア語
英語
スペイン語
ドイツ語、
フランス語

マドプロ出願による国指定をEUにすることができますが、その場合願書は英語で書かれているので第1言語は英語となり、異議が出された場合などの対応言語として第2言語はOHIMの公用語から選択するようになります。

※このページが参考になったと思ったら共有してください。

サブコンテンツ
商標登録のお問い合わせはこちら

商標登録ファームのサービス提供エリア

※商標登録ファームでは、海外や日本全国の中小企業、団体、個人のお客様の特許庁への商標登録、出願の申請代行をしております。お気軽にご相談ください。

海外、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

このページの先頭へ