商標区分:第18類 革及びその模造品、旅行用品並びに馬具

商標区分の第18類は「革及びその模造品、旅行用品並びに馬具」に関する下記の商品が該当します。革製のバッグを製造しているメーカーがブランド名を商標登録する際の区分はこの第18類になります。

ただ登録できるのは「革及びその模造品、旅行用品並びに馬具」に限られています。被服(アパレル)や履物(靴やサンダル)、アクセサリーでも商標を登録をしたい場合は他の区分でも商標を出願する必要があります。「被服及び履物」は第25類に、「アクセサリー」は第14類になります。

「革及びその模造品、旅行用品並びに馬具」に関する「小売や卸売」をされる企業や店舗の店名を登録する場合は、第35類の「小売等役務」での登録を検討されては如何でしょうか。

  • かばん金具,がま口口金,蹄鉄
  • 皮革製包装用容器
  • 愛玩動物用被服類
  • かばん類,袋物
  • 携帯用化粧道具入れ
  • ステッキ,つえ,つえ金具,つえの柄
  • 乗馬用具
  • 皮革

※商標区分は細かく分けられているため、区分の選定に関してもお気軽にご相談ください。

※このページが参考になったと思ったら共有してください。

サブコンテンツ
商標登録のお問い合わせはこちら

商標登録ファームのサービス提供エリア

※商標登録ファームでは、海外や日本全国の中小企業、団体、個人のお客様の特許庁への商標登録、出願の申請代行をしております。お気軽にご相談ください。

海外、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

このページの先頭へ