iPhoneやandroidのスマートフォンのアプリのアイコンは商標登録した方がいいでしょうか?

iPhoneやandroid等のスマートフォン(スマホ)アプリのアイコンは商標登録した方がいいでしょうか?


iPhoneやandroidのスマートフォンのアプリのアイコンは、それに対し、アプリを購入する際の目印としての機能が認められる場合には、商標登録が可能です。

Apple Inc

【登録番号】第1079722号 【権利者】Apple Inc.

アイコンの商標登録をした場合には、その商標は出願人がそれを独占的に使用でき、また、他者が同一又は類似のアイコンを使用した場合には、その禁止を求めることができます。

さらに、他者が商標登録されたアイコンを無断で使用したことにより、商標権者に損害が発生した場合には、その損害賠償を求めることができます。

そして、一度登録すると更新手続きを欠かさない限り、半永久的にその権利を維持することができます。

もし、商標の登録をしない場合には、アプリが売れ始め、アイコンも含めて有名になり始めたころ、競合他社が似たようなアイコンのアプリの販売を始めて、アプリの売上を他社にもっていかれる可能性がありますし、その他社の提供するアプリの品質が悪ければ、せっかく苦労して築いてきたブランドが崩れていくことになります。

また、その他社が似たようなアイコンを先に商標登録した場合には、アイコンの使用の差し止めを突然訴えてくることも想定されます。

以上のことから、アプリ名を商標登録するだけでなく、多大な労力を投じてアイコンを作製したような場合や、アプリの売上に貢献することが期待されるようなアイコンの場合には、早めに商標登録を出願し、商標の権利化を図ることがよりよい選択であるといえます。

※このページが参考になったと思ったら共有してください。

サブコンテンツ
商標登録のお問い合わせはこちら

商標登録ファームのサービス提供エリア

※商標登録ファームでは、海外や日本全国の中小企業、団体、個人のお客様の特許庁への商標登録、出願の申請代行をしております。お気軽にご相談ください。

海外、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

このページの先頭へ