商標法とは日本の法律によって商標権を与えることで商標を保護するものです。商品やサービスに付けられる名前を保護します。商標法で保護できる商標には、文字という形態だけでなく図形や記号、立体的形状を登録することができます。 消費者が商品やサービスを選ぶときに目印となるのが、この商標です。だれもがこの商標を自由に使えるとなると新規会社が長年の老舗会社と同じ商品名を使用できてしまい、消費者は信頼して商品を選ぶことが難しくなってしまうでしょう。商標を登録して商標権者だけが独占的にその商品名やサービス名を使用できることで、消費者は安心して選択をすることができます。あるブランドの商品を使用して満足できるとそのブランド名に対する信頼感を持つようになり、同じブランド名の他の商品も信頼して購入しやすくなるのです。 また商標が保護されると、企業も成長してゆけることになります。これまで払ってきた企業努力や設備投資を他の会社によって横取りされる心配をせずに営業することができるのです。