岐阜県の伝統工芸「岐阜提灯」は、どのような区分で商標登録を行っているのでしょうか。特許庁のデータベースで登録商標の検索をしてみました。 (参照:岐阜県の伝統工芸「飛騨一位一刀彫」が登録されている商標の区分は?) 「岐阜提灯」という商標は、 岐阜提灯協同組合により標準文字商標として、 2006年4月1日に第11類で出願、2006年12月1日に商標登録されました。

「岐阜提灯」が登録されている商標の区分

第11類:照明用、加熱用、蒸気発生用、調理用、冷却用、乾燥用の装置など