特許庁は2015年3月23日から、無料で登録商標の情報を検索できるプラットフォームJ-Plat-Patを公開しました。

本ページではJ-Plat-Patを利用して商標をどの区分、類似群コードで登録すればいいかを調べる方法をご紹介いたします。

1.特許庁が提供している無料の商標検索のページを開いてください。

下記のリンクをクリックして、J-plat-patのトップページへお進みください。
(URL:https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

111

2.商品・役務名検索のページを開いてください

グローバルナビゲーションの商標の箇所にマウスを持ってきて、商品・役務名検索のページを開いてください。

特許情報プラットフォーム471|J PlatPat

3.商品・役務名、区分、類似群コードを検索してください。

別ウィンドで商品・役務名の検索ページが表示されます。
商品・役務名はこの場合、人材紹介業を想定しておりますので、「紹介」と入力してください。

商品・役務名検索497|J PlatPat

4.既に登録されている件数が表示

「検索」をクリックすると、件数が表示されます。243件あることが分かります。

「一覧表示」をクリックすれば、一覧を見ることができます。

商品・役務名検索(498|J PlatPat

5.紹介が含まれる検索結果の一覧が表示

検索結果の一覧が表示されます。人材紹介業の多くが商標登録する際に、区分は「35」で、類似群コードは「35D051」と登録されていることが分かります。

商品・役務名検索4910)|J PlatPat