著作権?商標権? なにかに似てるAKB48総監督の高橋みなみのイラスト 

AKB48総監督の高橋みなみがデザインしたという同グループの商用ロゴに盗作疑惑が浮上している。インターネット上で話題となり、2013年7月16日頃からニュースでも取り上げられるようになった。(参照:商標とは)

盗作疑惑が持ち上がっているのは、6月8日に開催された「AKB48スーパーフェスティバル?日産スタジアム、小(ち)っちぇ!小(ち)っちゃくないし!!?」と、7月20日より始まるツアー「AKB48・2013真夏のドームツアー?まだまだ、やらなきゃいけないことがある?」のロゴである。いずれも写真や画像を素材として販売するサービス「123RF」や「Can Stock Photo」などによく似た図案のイラストが見つかったという指摘が相次ぎ、インターネット上で話題となった。

問題のイラストの右下には共通して「(C)たかみな」と、高橋みなみのイラストであることを示すサインがある。「AKB48スーパーフェスティバル」のロゴはサーカスのテントのような背景にブランコに乗った女の子とゾウが描かれている。テントは「123RF」に似た図案のイラストがあり、ブランコとゾウは「ELPH’S CIRCUS」というキャラクターグッズに類似するイラストが見つかった。

「AKB48・2013真夏のドームツアー」の方は、同じく構図がそっくりな海賊船のイラストが、「Can Stock Photo」で販売されている。いずれのイラストも細部は変更されているものの、構図や部分的なタッチが非常に似ており、偶然似通ったとは言いにくい共通点の多さがある。

現在のところ本件について公式なコメントは発表されておらず、各イラストの作者とも交渉の事実があったのかなどは明らかになってはいない。

商標に関係ない気がします。著作権の問題ですね。
さて、著作権違反となるか否かは、依拠性と類似性の両方を満たしている必要があります。
つまり、似ているからと言ってそれが盗作でなければ著作権違反には該当しない可能性が高いです。

今回は二つの構図を組み合わせ、かつアレンジしたのではないかという疑惑でしょうが、象の絵を可愛く描くと、どうしても似通ってしまう可能性が高いのでは無いでしょうか。テントに関しても、サーカスのテントなどを描くと似通ってしまう可能性は高いと思います。
なお、私自身は、「123RF」のテントは見つけられず、「ELPH’S CIRCUS」の似ている絵も見つけられなかったので確実なことは言えません。

しかし、以前の事務所で某アイドルが作った商品をノベルティグッズとして販売するときに、侵害に当たらないか鑑定書の依頼があったことがあります(私は担当していませんが)。今回もこれだけ有名なアイドルグループの作品ですし、公表する以上は専門家のアドバイスも受けているのではないかと思います。もし、何の鑑定もせず、専門家に相談することも無く、一切注意を払わずに公表したとすると、運営側が軽薄だったといわれても仕方ないでしょう。

いずれにしても、自分で創作したものがたまたま似ていたという結論になって欲しいと思います。アイドルは叩くところがあると徹底的に叩かれるので大変ですね。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。

サブコンテンツ
商標登録のお問い合わせはこちら

商標登録ファームのサービス提供エリア

※商標登録ファームでは、海外や日本全国の中小企業、団体、個人のお客様の特許庁への商標登録、出願の申請代行をしております。お気軽にご相談ください。

海外、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

このページの先頭へ