鹿児島県のゆるきゃら 「ぐりぶー」 商標登録完了で本格的にPR活動へ

鹿児島県が、かごしまPRキャラクターである「ぐりぶー」を商標登録した。
(参照:くまモン式商標ルールで「ふじっぴー」商標を有名に!)

ぐりぶーは、2011年3月より鹿児島で開催された「花かごしま2011(第28回全国都市緑化かごしまフェア)」のマスコットキャラクターとして誕生した。その後、2012年末にPRキャラクターとして「ご当地キャラ」に転身している。

キャラクターのベースとなっているのは鹿児島特産の黒豚で、マスコットキャラクターを務めたイベントの緑化フェアにあわせて緑色にアレンジされた。頭部には葉っぱ、しっぽには花が付いている。

太眉の凜々しい顔立ちは、同県出身で、幕末の薩摩藩で重要な役割を果たした歴史上の人物、西郷隆盛の目鼻立ちがモチーフになっているという。

ぐりぶーの使用料は無料となっている。県観光課によれば、PRキャラクターとして活躍し始めてから、「ゆるキャラグランプリ」などにも出場し、知名度も高まってきており、イベントなどの出動回数やデザインの利用申請も昨年度より増えている。

特定の企業が権利を独占するなどの事態を防ぐため、県の管理の下、今後も県の観光など、PR活動に活かされる見込みだ。

ぐりぶー関連サイトまとめ

今度は「ぐりぶー」ですか。

そういえば先日、使用料無料のゆるキャラについて調べる方法はという問い合わせを頂きました。私は知らないので知らないと回答した(その節はすみませんでした)のですが、知っておられる方はいますか。

私は、記事を読んでゆるキャラの知識を得ているだけなので、まとめサイトとかを見たことはありません。もし無いのであれば、どなたかゆるキャラサイトを作ってみられては。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。

サブコンテンツ
商標登録のお問い合わせはこちら

商標登録ファームのサービス提供エリア

※商標登録ファームでは、海外や日本全国の中小企業、団体、個人のお客様の特許庁への商標登録、出願の申請代行をしております。お気軽にご相談ください。

海外、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

このページの先頭へ