質問者

商標登録の有効期限を教えて下さい。

大谷 寛大谷 寛

商標権の有効期限は、登録の日から10年です。

ただし、商標権の存続期間は更新が可能であり、しかも、更新回数に制限はありませんから、10年毎に更新することにより、半永久的に商標権を持ち続けることができ、法の保護を受けることができます。

なお、商標権には分割納付制度というものがあり、こちらの制度を利用した場合には、通常は、商標の登録前に10年分の登録料を納めなければいけませんが、登録時に半分の5年分の登録料を納付し、残りの半分は、設定登録から5年の期間が満了する時までに納めればよいことになります。

しかし、この場合には最初の5年分の納付をした後、次の5年分の納付を忘れてしまっていたり、納付をあえてしない場合には、5年で商標権は消滅することになります。

また、10年毎の更新手続きにつきましても、基本的には存続期間の満了の6ヶ月前から満了の日までに納付する必要があり、この期間に納付ができなかった場合は、期間満了の日から6ヶ月以内に倍額の登録料を納付して更新手続きをする必要があります。この期間に手続きができなかった場合は、特別な場合を除いて商標権は消滅してしまいますので注意が必要です。

商標権の1回の存続期間である10年という期間は結構長いですので、更新手続きが忘れられがちになります。大切な商標権を消滅させないためには、商標権の期間管理が重要です。