男性化粧品の「GATSBY」が登録されている商標の区分は?

男性化粧品の「GATSBY」は、どのような区分で商標登録を行っているのでしょうか。特許庁のデータベースで登録商標の検索をしてみました。
(参照:女性化粧品の「メイベリン」が登録されている商標の区分は?

「GATSBY」という商標は、
株式会社マンダムにより文字商標として、
1976年6月11日に第4類で出願、1980年1月31日に商標登録されました。

標準文字として、
2011年5月18日に第25類で出願、2011年11月25日に商標登録されました。

「GATSBY\ギャツビ-」という商標は、
株式会社マンダムにより文字商標として、
1977年3月29日に第3類で出願、1981年5月30日に商標登録。
1998年7月24日に第3類で出願、1999年10月22日に商標登録。
1998年7月23日に第8類で出願、2000年3月31日に商標登録。
1998年7月24日に第11類で出願、2000年8月18日に商標登録。
2008年11月12日に第25類で出願、2009年8月7日に商標登録。

「ギャツビー\GATSBY」という商標は、
2002年8月6日に第21類で出願、2003年4月18日に商標登録。
2002年2月1日に第8類で出願、2003年5月2日に商標登録。
2003年4月23日に第16類で出願、2003年11月7日に商標登録。
2003年3月12日に第30類で出願、2004年3月5日に商標登録。
2003年10月16日に第28類で出願、2004年4月30日に商標登録。
2003年10月16日に第14類で出願、2004年6月18日に商標登録。
2003年10月16日に第29類で出願、2004年6月18日に商標登録。
2003年10月16日に第32類で出願、2004年6月18日に商標登録。
2003年10月16日に第43類で出願、2004年7月9日に商標登録。
2003年10月16日に第9類で出願、2004年7月23日に商標登録。
2003年10月16日に第35類で出願、2004年9月10日に商標登録。
2003年10月16日に第4類で出願、2004年10月15日に商標登録。
2003年10月25日に第31類で出願、2005年6月10日に商標登録。
2005年3月17日に第25類で出願、2005年9月22日に商標登録。
2003年12月12日に第41類で出願、2006年9月8日に商標登録。
2007年6月29日に第35類で出願、2008年11月7日に商標登録。
2009年6月10日に第10類で出願、2010年2月12日に商標登録されました。

「GATSBY」が登録されている商標の区分

第3類:洗浄剤、化粧品など
第4類:工業用油、工業用油脂、燃料及び光剤など
第8類:手動工具など
第9類:録音・録画済みのビデオテープ、ビデオディスク、CD-ROM、磁気テープなど
第10類:医療用機械器具及び医療用品
第11類:照明用、加熱用、蒸気発生用、調理用、冷却用、乾燥用の装置など
第14類:貴金属、貴金属製品であって他の類に属しないもの、宝飾品、時計など
第16類:紙、紙製品、事務用品など
第21類:家庭用・台所用の手動式の器具、化粧用具、ガラス製品、磁器製品
第25類:被服・履物など
第28類:がん具、遊戯用具・運動用具など
第29類:動物性の食品、加工した野菜、その他の食用園芸作物
第30類:加工した植物性の食品(他の類に属するものを除く)、調味料
第31類:加工していない陸産物、生きている動植物、飼料
第32類:アルコールを含有しない飲料、ビール
第35類:広告、事業の管理、運営
第41類:教育、訓練、娯楽、スポーツ、文化活動など
第43類:飲食物の提供、宿泊施設の提供

流石有名な商品ですね。

18もの区分で登録されています。

基本は、3類ですが売れるにつれて関連商品も出ますし、確実な保護を図るために区分を増やしていくという方法をとっています。

なお、GATSBYは、ガッツビーという称呼も生じます。例え二段表記で出願していてもギャツビーという称呼に限定されません。

※このページが参考になったと思ったら共有してください。

サブコンテンツ
商標登録のお問い合わせはこちら

商標登録ファームのサービス提供エリア

※商標登録ファームでは、海外や日本全国の中小企業、団体、個人のお客様の特許庁への商標登録、出願の申請代行をしております。お気軽にご相談ください。

海外、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

このページの先頭へ