スパークリング・ミネラルウォーター「ペリエ」は、どのような区分で商標登録を行っているのでしょうか。特許庁のデータベースで登録商標の検索をしてみました。 (参照:沖縄県で作られている「石垣の塩」が登録されている商標の区分は?) 「ペリエ」という商標は、 ネスレ ウォーターズにより、 1980年8月8日に第30類第32類で出願、1983年9月29日に商標登録されました。 ネスレ ウォーターズによる商標登録「ペリエ」は、 最終処分種別になっており、登録後の本権利抹消(存続期間満了)しています。 「ペリエ」という商標は、 株式会社LIXILにより、 1989年12月13日に第6類で出願、1992年10月30日に商標登録されました。 株式会社LIXILによる商標登録「ペリエ」は、 最終処分種別になっており、登録後の本権利抹消(存続期間満了)しています。

「ペリエ」が登録されている商標の区分

第6類:卑金属、その製品など 第30類:加工した植物性の食品(他の類に属するものを除く)、調味料 第32類:アルコールを含有しない飲料、ビール