商標登録時の拒絶査定理由:商標法第4条第1項について

商標法第4条第1項は、商標に自他商品・役務識別力があっても(商標法第3条第1項の規定は満たしていても)登録を受けることができない商標について規定しています。

第4条:次に掲げる商標については、前条の規定にかかわらず、商標登録を受けることができない。

各号については少しずつアップしていきますが、第3条第1項は、商標が普通名称であったり記述的商標であったりする場合には、自他商品・役務識別力が無いものとして登録を認めない規定であるのに対し、第4条第1項は、例え商標自体には自他商品・役務識別力があったとしても、登録を認められない商標について規定されています。

「商標登録時の拒絶査定理由:商標法第4条第1項について」に関連する記事

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。

サブコンテンツ
商標登録のお問い合わせはこちら

商標登録ファームのサービス提供エリア

※商標登録ファームでは、海外や日本全国の中小企業、団体、個人のお客様の特許庁への商標登録、出願の申請代行をしております。お気軽にご相談ください。

海外、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

このページの先頭へ