10月24日、東映アニメーション株式会社が「ハピネスチャージプリキュア!」を10月2日に商標登録出願していたことが、特許庁の公開で判明した。 (参照:東映が商標登録出願、その名も「烈車戦隊トッキュウジャー」) プリキュアシリーズは、東映アニメが制作し、朝日放送・テレビ朝日系列で毎週日曜の朝、放送されている女の子向けの人気アニメ。 プリキュアとは「プリティ=可愛い」と「キュア=癒し」を合わせた番組オリジナルの造語。2004年の「ふたりはプリキュア」の放送開始以来、現在放送されている「ドキドキ!プリキュア」で10作目を迎える。 シリーズの特色は、毎回、登場人物や内容がリセットされること。主役が中学生の女の子という以外、人物も設定も全て新しくなる。 放送は2月から翌年1月までとなっており、毎年この時期に新シリーズの商標登録の出願を行い、そのまま次回作のタイトルとなる可能性が高いことで知られている。 一世を風靡した「美少女戦士セーラームーン」以来の人気シリーズで、映画、玩具、ゲームなどのメディアミックスも盛んに行われることから、毎年、新シリーズのタイトルとなる商標登録が注目を集めている。 次回作は、どんな夢を女の子たちに贈ってくれるのだろう。

プリキュア関連サイト

プリキュアシリーズFacebookページ
私はプリキュアは分かりません。 子供が男の子なので。しかし、女の子が生まれたらプリキュアにはまるのでしょうね。 保育園で誕生会があると面白い傾向がみられます。 将来何になりたいかという質問に対して、1歳、2歳児くらいは男女共通で「アンパンマン」と回答します。 しかし、3歳以上になると男子は戦隊もの、例えば仮面ライダーと発言し、女子はプリキュアと回答します。 「アンパンマン」といえばやなせたかし氏の訃報が報じられましたね。多くの人に夢や希望を与えて下さったことに感謝致します。 心より、ご冥福をお祈り申し上げます。